製作所

2019-05-15

昨日はとある町工場へ。

僕らが欲する機材が作れるかどうかを尋ねに行きました。

精密な作業を手作業で行っている小さな工場は50年近くの歴史があるそう。

目的が叶うかどうか、それは僕らと先方のガッツ次第。

誇り

2019-05-14

恥ずかしながら、いい年して目を見て挨拶できない社員がまだ存在する。

その人がどんなに頑張っても僕は評価しないつもりだ。

なぜならば、それが上司だったら後輩たちが同じ道を歩み、礼節を忘れた悪の文化をつくってしまうから。

気持ちの良い関係でなければ、一緒にいる意味がない。

仕事とは、運営やら何やら悩みは尽きないが、本当はそういうものなはず。

経営者が忘れてはいけないプライド。

食と音

2019-05-13

夏がもうすぐそこまで来ています。

食材たちも変わり始めました。

季節感を大切に、シェフたちも日々メニューづくりに励んでいます。

今夏もイベント盛りだくさん。

乞うご期待⁈

 

 

 

爽快

2019-05-12

自分が正しいと思ったことは、すぐさま行動に移す。

そうやって僕も会社も成長してきました。

どうせなら爽やかに生きたいのさ。

日毎夜毎

2019-05-11

シンプルなものを如何に美味しくするか。

ただそれだけに熱中している人たちは、毎日がチャレンジなんだろうな。

僕はそんな人たちに敬意を表します。

SAKE & ITALIAN 日本酒「賀茂鶴」とイタリア料理フェア @IL BACARO ALMA

2019-05-10

日本橋の IL BACARO ALMAでは、529日まで「日本酒とイタリア料理」のフェアを開催しております。

日本が世界に誇る日本酒。米と水のみで作られる日本酒は、杜氏の技法で色々な味わいのバリエーションを持つことができます。

そして和洋中問わず様々な食文化と相性が良いと、近年世界的にも高い評価を得ています。

期間中は、シェフが訪問させていただいた広島『賀茂鶴酒造』の厳選した日本酒・梅酒に合わせ、イタリア伝統料理をベースにしたオリジナルのフードメニューをご用意しております。

日本とイタリアの食文化ペアリングを是非お楽しみ下さい。

 

<期間限定メニュー>

DRINK

・大吟醸 特製ゴールド賀茂鶴 ¥950

・純米酒 広島錦 ¥650

・賀茂鶴 樽酒 瓶詰 ¥650

・純米酒仕込 梅酒 ¥650

FOOD

・天然穴子と花山椒、自家製リコッタチーズでのインサオール ¥800

・広島牡蠣とヒバゴンネギのフリカッセ ¥980

・サクラマスと酒粕のラビオリ ¥1,300

・東広島 西条郷土料理「美酒鍋」のリゾット仕立て ¥1,400

・瀬戸内レモンとマスカルポーネのミルフィーユ ¥650

 

<お問い合わせ先>
IL BACARO ALMA  03-6262-3178

美徳

2019-05-10


時代的にナンセンスな話かもしれないけど。

なんか最近“男らしい奴”が減ったなぁ〜と本気で思う。
どっか精神的にナヨナヨしてて、自分の欲が優先で、筋もへったくれもない。

老婆心ながら僕は思うのだ。

仕事や人生であれこれ悩む前に、損得に左右されない自分の生き方を決めるべきだぞと。

自論

2019-05-09

石の上とは言わないけれど。。。

人や組織を知るには最低でも10年は必要だと思っています。

日々、逃げ出したくなったり悩むのが人間であり当たり前のこと。

だからこそブレずに進むことが大切なのです。

約束も覚悟も初心も、決して忘れてはならない。

その先には、素晴らしいものが待っているのだから。

信じる勇気

2019-05-08

全部自分でやってしまう人。

自己完結して終わらせてしまう人。

そういう人は、信頼を得られず徐々に疲弊していく。

多少リスクがあっても人を信じ、任せなければ成長はない。

それを後輩たちはいつも待っているのです。

 

 

満ち満ちる

2019-05-07

とあるスタジオの屋上をお借りして、昨日は美容師たちとBBQ。

新人歓迎会の趣旨だったが、結局先輩たちが一番楽しんでいたようだ。

美味しいお酒、おいしい食事、全員が笑顔の良い一日に。

慈愛

2019-05-06

見てあげて、褒めて、叱って、愛情を注ぐ。

人を育てるにも、そういった無償の愛が必要です。

労い

2019-05-05

小さな幸せがあれば、人は頑張れるもの。

感謝の言葉、美味しい食事、笑顔。カタチはなんでもいいのです。

朝改暮変

2019-05-04

毎日気分が変わる。

毎日方向性が変わる。

ブレているわけではなく、より良いものにする為、直感を信じ軌道修正をしているのです。

その材料は、何気ない周りの一言や、出来事から。

 

畢竟

2019-05-03

考えはいつもSimple is best。

ABE DRIP

2019-05-02

珈琲はフルーツである。

まるでワインと一緒だ。

その考えを聞いた時に、そう感じた自分がいた。

CLASSICグループでは、こだわりのプロ集団から生豆を購入させて頂いてます。

そして自社で焙煎。

共感しながら仕事ができる幸せ。

 

象徴

2019-05-01

新元号を祝うより、心からのお疲れ様を。