勝手な解釈を備忘録的に7

2017-08-21

【自分的身勝手心理学】vol.7。。。

人生は一度切りなのに、、、勿体ない。

だらしない人の傾向。

①自分の事が好きなのに大切にしない

②意味もなくコンビニによる

③習慣づけしている事がほとんどない

④相手がどう思っているかは以上に気にする

⑤財布の中が汚い

⑥美意識はあるがズレている

⑦人に対して短気

 

夏の思い出

2017-08-20

あれから時は過ぎ。。。

CSIで動いたオハラブレイクでの出張レストラン。

初回という事もあり、お客様に内容がちゃんと伝わっておらず、カレーやお弁当だと思っていたそうで、、、。

毎日メニューが違うCHEF考案の福島素材を使ったコース料理が出たものだから、皆さん非常に驚かれたのが今でも印象に残っています。

あの表情と、感嘆のお言葉。それだけでもやった甲斐がありました。

出張レストラン。少し整理が必要ですが都内でも動き始めたいと思います。

平生の大切さ

2017-08-19

軸。。。

運動で言えば”体幹”。人そのものであれば”信念”。

物事は”思う”ところから始まり、”信じる”ことによって良い方向に進んで行く。

先ずは、どんな事も”自分を信じる”ところからスタートしています。

日頃の積み重ねや実行継続、自分が信じるに値するかが大前提。

平和の恐ろしさ

2017-08-18

人財。。。

”人は財産なり”この価値観はどの企業も一緒ではないでしょうか。

どんな理由にしろ、人材が離れて行くのは会社側にほとんど理由があると考えた方がいい。

特に有能な人財が辞めて行った時は、その会社の考え方を省みる必要があると思います。

”今までこのやり方で成功してきたのだから大丈夫!”。

偉そうですが、その考えこそ衰退の始まりだと経営者は認識するべきです。

夏の責務

2017-08-17

ご無沙汰。。。

昨日は久しぶりに父親と会食。

この時期になると、戦没者慰霊の為に上京し靖国神社へ焼香しに来るのです。

実際に父の兄が、戦争によりフィリピン沖で亡くなっています。

よくよく話を聞くと、炎天下の中、その為だけに何時間も整列して待つこともあるそうで、、、。

観光がてらと思っていた自分が恥ずかしい気持ちになりました。

ここ数年は、その後に僕と会食するのが恒例となり、この時だけは僕も経営者から息子に戻れます。

父が現役中お世話になった銀座で美味しい蟹を食べさせてくれるお店の名物女将さん。

昨年亡くなられたようで、、、。

“そういう時代になってきたなぁ”と呟いた父親は、どこか寂し気でした。